Company
会社概要

社長あいさつ

弊社ホームページにアクセスいただき有難うございます。

2019年3月に創業15年を迎え、本業の電気工事業においては、一般建設業から特定建設業の許可を受けることが出来ました。これもひとえに、お客様や地域の皆様の温かいご支援の賜物であると心より感謝と御礼申し上げます。

今、振り返ると創業時から現在に至るまで、様々な出来事がありました。当初は、生活のために独立起業し、職人道を貫いて、儲けることと自分本位な考え方をしていた頃、あの東日本大震災は起こりました。しかも私の40歳の誕生日2011年3月11日です。その後は、節電対策のため、本業の街路灯工事はすべて無くなり、街の明かりも消え、弊社も風前の灯になってしまいました。そんな中、新規事業で始めていた配電建柱工事(電柱を建てたりする仕事)が唯一、県内の被災地で活躍することとなったのです。ですが、被災地で目にした光景は今でも忘れようがありません。その後も東北地方に義援金をお届けに伺って、さらに言葉を失う光景は、私どもの人生観を大きく変えてしまいました。

今、何を行うべきか?何をしなければならないのか?今まで金勘定と職人道しか知らない我々が…。

その答えは、今でも自問自答中ですが、まずはボランティア活動への参加でした。その後、我々電気の職人が技術を生かして、社会のお役に立てることはないかな?と考える中、当時目の前にあったのが被災地からの廃材でした。「そうだ!この廃材を利用して、暗くなっている街にイルミネーションを光らせよう」と思い立ち、ボランティアの一環で始めたのが “早期復興に願いを込めて、光の花を咲かそう成田うなりくんイルミネーション” でした。現在では、この活動をきっかけに自治体様や民間施設様からイルミネーション事業の仕事として依頼を請ける様になり、弊社の1事業として形を変えて行きました。

そのなごりは、各会場で観ることが出来ると思います。それは、“労力を惜しまず、手作りで仕上げること” “皆様に感動と喜びを感じてもらうこと” “損得は考えず、職人道を貫くこと” です。

企業人としては、失格かも知れませんが、そんな会社があってもいいのではと今でも考えております。今後も “街を明るくする会社” をテーマに皆様のために邁進して参りますので、引き続き弊社への変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

山﨑電設工業株式会社
代表取締役 山﨑 治

会社概要

本社 所在地:〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2丁目8番地5
TEL:0476-28-8038 FAX:0476-92-9163
営業本部 所在地:〒286-0202 千葉県富里市日吉倉1515
TEL:0476-92-3295 FAX:0476-92-9163
会社設立 平成16年3月3日
資本金 2,000万円
代表取締役 山﨑 治
社員 30名
事業内容 電気工事業
イルミネーション事業の設計及び施工
電気土木工事の設計、施工及び管理
外灯基礎の設計、製造及び施工
太陽光発電工事事業
一般労働者派遣事業
前各号に附帯する一切の事業
産業廃棄物収集運搬業
建設業の許可 千葉県知事 許可(特-1)第41762号 電気工事業
        (般-31)第41762号 土木・とび土工・舗装・水道施設
産廃業の許可 千葉県産業廃棄物収集運搬業許可番号 第01200122950号
千葉市産業廃棄物収集運搬業許可番号 第5500122950号
船橋市産業廃棄物収集運搬業許可番号 第10400122950号
柏市産業廃棄物収集運搬業許可番号 第11100122950号
電気工事業の許可 千葉県知事届出 第160013号
所属団体 社団法人 千葉県電業協会
千葉県電気工事工業組合
成田市電設事業協同組合
建設業労働災害防止協会
全関東電気工事協会
主要取引銀行 佐原信用金庫 成田支店
千葉銀行 成田支店
アクセス

本社(千葉県成田市はなのき台2丁目8番地5)

事業本部(千葉県富里市日吉倉1515)

会社沿革

平成16年3月 山﨑電設工業有限会社設立
平成16年10月 建柱車による建柱(電柱)事業開始
平成17年5月 電設・土木・建柱・リース・営業の部門別事業化にする
平成19年2月 山﨑電設工業有限会社より山﨑電設工業株式会社へ商号変更
資本金300万円から1,000万円に増資
平成19年12月 東京電力配電工事(電洋社様)協力班として配電部を開設(東京電力柱専門の建柱班)
※現在は廃部
平成23年4月 NTT東日本(和興アイテック様)指定工事会社として建柱班を増設
※現在は廃部
平成25年6月 太陽光発電工事事業開始
平成28年10月 イルミネーション事業開始
令和元年11月 資本金1,000万円から2,000万円に増資
令和元年12月 電気工事業を一般建設業許可から特定建設業許可に変更

ロゴマークの由来

山﨑電設工業のロゴマークは、「故きを温ねて新しきを知る」。

まさに温故知新の精神のように、諸先輩方が育んできた技術や知恵を受け継ぎ、
伝統的技術を守りながらも新しい時代に合った工法を皆で生み出し、新しきを知る “知” という文字と、社員が一丸となり、
よりよい環境で協力し助け合い、誰もが本音で語り合える人と人との “和” という文字を融合させたものが、ロゴマークの由来となりました。

ロゴマークの由来

今も、これからも、仕事=お金ではなく、お客様と仕事を通して人と人とのより良いお付き合い、
または社会貢献が出来るよう、社員一同 “温故知新” の精神をモットーに頑張っていく所存です。

CONTACT
ご相談・お問い合わせ

Back to Top